よくあるご質問

ここでは、今までに寄せられた質問や、それに関連して想定される事項について、Q&A形式で記載します。

今後もお寄せ頂いた質問などに、お答えしていければと思います。

Q1. みなと計画は事業の名前? 組織の名前?

組織の名前です。若者が「自分の声は地域に届く」と信じられる社会を作ることを目的として、立ち上げられたNPO法人です。

 

Q2. 江別港って?

community HUB 江別港は、2013年より江別の大学生と地域を結ぶ仕組み作りを行うために、活動を始めました。みなと計画における「みなと」の先行事例という位置づけになります。そして、4大学1万人の大学生が在学する江別は、大学・地域・企業・行政など、様々な主体が一体となった若者支援モデルを作るのに、うってつけの地域です。江別市を核として、その中の江別港を「基幹港」と位置付けながら、みなと計画を展開していきたいと考えております。

 

Q3.これからどんなスケジュールで、何を実現するの?

   まずは「江別モデル」を構築するため、基金の運営と組織力の強化に力を入れて進めて行きます。

 ロードマップ(簡易版)をご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q4.灯台守の養成講座とは? また、講師はどんな方がなるの?

地域の人材・情報の集積拠点「みなと」を運営するコーディネーターを、灯台守と称しています。まちづくりのコーディネーターとして必要な知識やスキルを座学で学ぶと共に、江別港の所属する商店街活動への参加や、協力団体へのインターンシップで実地体験をします。講座の講師には、各分野の一線で活躍している方に依頼をしていきます。

 

Q5.灯台守の養成講座は、学生しか受けられない?

   どなたでも受講することが可能です。また、通年の開催を予定していますが、興味のある講座の単発参加も考えています。

 

Q6.なにか協力したいと思うけど、何ができる?

①「寄付会員」になる

みなと計画のミッションを実現するには、たくさんの方の支えが必要です。

仲間になって頂けるとうれしいです!

 

②つぶやく・フォローする

FBページやTwitterのフォロー大歓迎です。イベント情報の拡散は大変助かります!

 

③特に用事がなくても江別港にぶらりと来る

「多様な人がいつも集まっている」ことが「みなと」には欠かせません。

本を読んだり、お仕事を持ち込んだり、江別港をご活用ください。

 

アイデアや意見を言う

「こんなことできるかも」「こうしたらどうだろう?」など、どんなことでもお寄せください。

一つのアイデアや意見が、思いもよらない凄いことになる可能性もあります!